軍艦長良記念館                      熊本/牛深


  • 砲弾
  • 機銃弾


●写真と情報は峯 一央氏から●

提供者のHP→殉国の碑

熊本県牛深市(天草半島)に行って来ました。
牛深の突端にある「うしぶか海彩館」の一室が、
「軍艦長良記念館」として開設されています。

ピンボケの艦影写真は
牛深沖で長良を雷撃した米潜水艦クローカーの潜望鏡から撮影したものだそうです。



▲砲弾・機銃弾・鉄帽


軽巡洋艦「長良」
長良型軽巡洋艦の一番艦。球磨型の改良型として大正11年、佐世保工廠で竣工。
当初は「二等巡洋艦」に類別。新造時の兵装は、 50口径三年式14cm単装砲 ×7、40口径三年式8cm単装高角砲×2、八年式連装魚雷発射管×4。乗員約400。
大東亜戦中は、比島攻略作戦、東インド諸島攻略作戦、ミッドウェー海戦、ガダルカナル海戦などに参加。そのころの兵装は、50口径三年式14cm単装砲×5、40口径八九式12.7cm連装高角砲×1、九六式25mm3連装機銃×2、同連装×6、同単装×4。
沖縄からの疎開者を鹿児島に輸送、鹿児島から佐世保に回航中の昭和19年8月7日、米潜水艦「クローカー」の雷撃を受け沈没。
.

関連→「長良」の戦闘旗
.


慰霊碑は近くの在郷軍人墓地の一角に建立され、沈没地点が正面に見えます。


H21.8.27

 

 

[帝国陸海軍現存兵器一覧]リストへ

[依代之譜]よりしろのふ トップへ