.

.

飯田記念室                 山口/新南陽


  • 飯田中佐の飛行帽、儀礼服

 


●情報は峯一央氏から●

提供者のHP→殉国の碑

真珠湾で散華された「蒼龍」戦闘機隊の飯田房太中佐の義妹の方が運営されている「飯田記念室」へ行って参りました。武器らしいものは有りませんでしたが、飯田中佐の飛行帽や儀礼服が展示されていたので、写真をお送りいたします。

また近くの浄真寺にある飯田中佐の墓碑にも参ってきました。

.


飯田中佐の飛行帽

真珠湾攻撃から58年後の平成11年に遺族へ返還された。

昭和16年12月8日朝、午前7時45分、空母蒼龍戦闘機隊分隊長の飯田房太大尉は、零戦に搭乗して航空母艦「蒼龍」を発艦、ハワイ第二次攻撃隊第三制空隊隊長として列機を率いハワイ・オアフ島に向かった。

オアフ島上空は第一次攻撃隊の攻撃により猛煙におおわれ、加えて米軍の対空砲火は激烈を極めた。カネオエ飛行場を攻撃、飛行場に並ぶ敵機に大打撃を与えた。しかしこの時、飯田機は敵の対空砲火で燃料タンクに被弾し、ガソリンが尾を引いていた。
飯田機は機首を上げ、列機もこれに続き編隊を組んだ。飯田機は帰投する母艦方向に列機を誘導したあと、手を振って別れ、一機で引き返すとカネオエ飛行場の格納庫に機を垂直にして突入した。

米海軍は飯田大尉の最期に感銘を受け、四散した飯田大尉の遺体を拾い集め基地内に埋葬した。昭和46年(真珠湾30周年)には「飯田房太大尉顕彰の碑」をカネオエ海軍基地内の突入地点に建立した。


.


飯田大尉は常々、軍人の最後の決意の重要性を語り、たとえば燃料タンクに致命的な損傷を受けたら生還は考えず目標に体当たりするつもりだと訓示していた。
そして、その通りに行動したのであった。

また、真珠湾攻撃の後、母艦の位置を敵に悟られないよう、帰路を失しても母艦に対し電波輻射を要求せずに自爆していった機もあった。

飯田房太中佐墓碑 
新南陽市浄真寺


 


飯田大尉搭乗機の部品。
靖国神社遊就館。


H14.1.18 

.

.

[帝国陸海軍現存兵器一覧]リストへ

[依代之譜]よりしろのふ トップへ