.

.

コマツ・テクノセンタ           静岡/中伊豆


  • 小松一式均土機(G40型ブルドーザ)

 


コマツの建設機械のデモンストレーションや試乗、
オペレーターの技能講習などを行っている施設。


小松一式均土機(G40型ブルドーザ)
G40ブルドーザは、昭和18年7月小松製作所粟津工場で製造された日本で最初のブルドーザ。

小松製作所は、昭和17年、前線における航空基地建設用として海軍施設本部よりブルドーザの製作を命じられた。
小松では以前から製造していたG40型トラクターをもとに、油圧式土工装置を新たに設計しこれを装着し完成させた。

小松製作所はそれ以前から陸軍の依頼により、野戦重砲の牽引車やブルドーザの試作を行っており、また各戦車メーカーに履帯や足回り部品などを供給していた。

▲エンジンはクランクで始動

この車体は、昭和18年7月小松製作所粟津工場で製造され、最初はフィリピンで稼働した模様。
敗戦時、米軍により接収され他の機材とともに海中に投棄された。

その後、船の航行に障害になるとのことで海中より引き揚げられ、オーストラリアに運ばれた。
幾度か持ち主が替わり昭和36年頃、シドニー郊外の営農者に買い取られ、主として農場での軽作業に使用されていた。

排土板の操作には油圧式を採用(昭和18年当時は米国製もケーブル式が主であった)。
エンジンは小松製作所製水冷ガソリンエンジンを搭載、戦時中の資材逼迫のため、小松の鋳造技術を生かし、 排土板をはじめ鋳物による部品が多い。

H14.10.17

.

.

[帝国陸海軍現存兵器一覧]リストへ

[依代之譜]よりしろのふ トップへ