.

.

阿多田交流館                 山口/平生


  • 海軍短剣
  • 水防眼鏡二型改六
  • 九七式特眼鏡
  • 九二式魚雷(部分)
  • 「回天」一型(レプリカ)
    など

●写真と情報は峯 一央氏から●

提供者のHP→殉国の碑
.

.
回天平生基地・潜水学校柳内分校の跡地に建てられた阿多田交流館に、
映画「出口のない海」の撮影に使われた回天一型の模型が展示されました。
潜水艦との交通筒・トロッコも展示されておりました。
こちらもレプリカであって現存兵器では有りませんが紹介させて頂きます。

尚、阿多田交流館には、
平生町歴史資料館に展示されていた回天関係の遺品が全て移管されております。
.


▲回天の潜望鏡、長さが二種類。
▲羅針儀、ランプ、やかん。潜水学校平生分校で使用したもの。


「回天」一型(レプリカ)
.


▲潜水艦との交通筒
.


▲運搬用トロッコ

 
平生回天碑示

阿多田交流館の近隣に建立されている平生回天碑です。
元は松庫海事という会社の敷地内に建立されておりましたが、
区画整理により田名埠頭に移設されました。

碑文

神啾鬼哭 回天の壮挙 若き生命 南海に挺し 莞爾として皇国に殉ず
悵恨 戦い時に利非ず 山河むなしく桑滄の変

さわれ至誠盡忠の赤心 日本民族の血脈に漲り 昭々無極の後世に輝く 
碑を発祥の地に建立し 粛然 久遠の霊を祀る


H18.11.8.

.

 

.


平生町歴史民俗資料館にあった頃の展示(H15)

資料館の別室に「阿多田半島歴史資料仮展示室」が設けられ、「回天」平井基地、大竹潜水学校柳井分校の資料が集められていた。
平成16年、阿多田交流館が開館、これらの資料はそちらに移された。


昭和19年4月、阿多田半島に大竹潜水学校柳井分校が開校され、約2000名が入校した。
ここは特殊潜航艇搭乗員の訓練用に開設された分校であり、「蛟龍」「海龍」の搭乗員を養成した。

昭和20年3月には平生回天基地が開隊されて述べ5000名が入隊し、基地全体では1万名前後の将兵が訓練に励んでいた。

山口県の大津島が特攻兵器「回天」発祥の地であるが、回天の訓練基地はその他に光基地、平生基地、大分県国東半島の大神基地があった。

「回天」の搭乗員は累計1375名、戦死及び殉職の戦没搭乗員は106名で、このうち9名が平生基地に所属していた。
平生では3名が訓練中に殉職、5名が回天で出撃して戦死(多聞隊)、1名が敗戦後の8月18日、自分が出撃する筈だった「回天」に馬乗りになり壮絶な自決をとげた。


▲右・回天の潜望鏡
 左・甲標的の潜望鏡


水防眼鏡二型改六
(「回天」一、二、四型に装備)


九七式特眼鏡
(甲標的に装備)


九二式電池魚雷(潜水艦用)のスクリュー部分
昭和63年近海で底引き網にかかったもの。

.

左・九三式魚雷気蓄保護具としてのハッチ
九三式魚雷の炸薬の部分をはずしたところへ 保護具としてこのハッチを取り付けたものであろうという。

右・伊58潜に搭載されていたジャイロコンパスの保管箱
伊58潜はこの平生基地から多聞隊として出撃。また、敗戦直前の7月29日夜、米重巡インデアナポリスを発見、撃沈した。

米重巡インディアナポリスは、昭和20年3月30日、沖縄沖で特攻機の体当り攻撃を受け損傷、自力でサンフランシスコの工廠に帰投した。
修理を終えた7月16日、二個の原爆を搭載しサンフランシスコ湾を出港。7月26日、テニアン港へ到着、原爆を降ろし出港後の7月29日、伊58潜の魚雷攻撃を受け沈没した。

伊58潜から発信された「敵艦撃沈確実」の電報は米無線班により当然解読されたが、無視され、海上で救援を待った500名を含む800名が死亡するという、米海軍最大の惨事へとつながった。

露頂計測用秒時計

回天搭乗員が必携した。航走開始とともに作動させる。時間の経過で位置を特定した。

.

発音弾
上部を開き、海に投げ込むと海水が入り爆発する。その音で潜航航行中の回天に警告を発する。

表札
平生回天基地の分隊の宿舎入口に掲げられていた。

若桜橋
柳井駅から8キロの道を行進し、「シャバ」との境目である「若桜橋」を渡って入隊した。


H15.5.16.

.

.


阿多田半島・潜水学校柳井分校跡地(以下はH15の状況)


▲練兵場跡


▲柳井分校・当時の模型


▲回天碑


▲防空壕跡(神花山)

阿多田半島の付け根にある神花山(手前)から、阿多田島(奥)の間を埋め立てて潜水学校・柳井分校が創られた。そのとき阿多田島と神花山で古墳が発見されたそうだ。
昭和18年に工事が始まり、19年に開校した。

20年3月 「回天」の訓練基地(平生基地)が併設された。昭和20年8月21日、呉鎮守府司令長官より回天特別攻撃隊の解散が命ぜられ、将兵は全国各地に復員、米軍に基地の施設、兵器、軍需品等を引渡した。

昭和22年4月から9月迄ニュージランド軍が駐留していた。
昭和23年10月から法務省の管轄地となり、少年刑務所(のち少年院)が開院されたが昭和53年業務を停止した。


H15.5.16

.

 


阿多田半島・潜水学校柳井分校跡地(以下はH12の状況)
.
●写真と情報は峯 一央氏から●

提供者のHP→殉国の碑
.

平成12年当時の阿多田資料館付近です。
.潜水学校・柳井分校、回天平生訓練基地の校舎等が
残っていました(戦後は少年院)。

H22.11.19  追加

[帝国陸海軍現存兵器一覧]リストへ

[依代之譜]よりしろのふ トップへ