.

 

忠霊塔   京都/岩滝


  • 海防艦「石見」の主砲(ロシア戦艦オリョール)
  • 砲弾(30センチ)

 


昭和2年、岩滝尋常高等小学校の校庭に忠魂碑が建立され、除幕式が行われた。
碑の主柱は「石見」(日露戦争・日本海海戦で鹵獲した露艦オリョール)の主砲を軍(舞鶴保管)から譲り受けたもの。

西南・日清・日露の役から大東亜戦まで同町出身の国難に殉じた英霊を祀っている。


完成当時は「忠魂碑」、文字は一戸兵衛・陸軍大将の筆で、頂上には巨大な金鵄が羽ばたいていた。

大東亜戦中、全国の金属が回収されたが、この大砲は全体の七分までがコンクリートで固められ、取り壊しが困難であったので供出を免れた。

戦後、GHQから撤去の指令が出されたが、「忠魂碑」の文字を削り取り「平和塔」に替え金鵄も鳩に取り替え、存続させた。

そして平和条約締結後の昭和31年、また鳩は下ろされ「平和塔」は「忠霊塔」となり、除幕式を兼ね慰霊祭が挙行された。
この「忠霊塔」の文字は植田謙吉・元陸軍大将による。

今は保育園の敷地内にある。

▲40口径30.5センチ砲


戦艦「オリョール」
日露戦争直前、ロシアの仮想敵国は常に南下政策の障害となったイギリスであった。
そのため、ロシアは英国のライバルであるフランス、ドイツに接近した。
この頃、ロシアも自国で戦艦を建造できるようになっていたが、もっぱらフランスを手本にしていた。
日露戦争が勃発した時、建造中だったフランス式の最新鋭戦艦4隻を急いで完成させた。これが「オリョール」などのボロジノ級である。
この4隻のボロジノ級はバルチック艦隊の主力として極東に派遣されることになった。

しかし、半年にわたる苦しい航海のあげく対馬海峡に辿り着いたバルチック艦隊を待っていたのは、練度・士気共に旺盛な、わが連合艦隊であった。


戦艦のちに海防艦「石見」
明治38年5月27・28日、両日の日本海海戦でボロジノ級4隻のうち「オリョール」以外は撃沈され、「オリョール」は大破、竹島沖で降伏し、鹵獲され舞鶴に曳航された。

日本では「オリョール」を修理整備して艦隊に編入することとした。捕獲海域が島根県沖であったことにちなんで「石見」と命名、一等戦艦に類別された。
後、一等海防艦に類別変更、一次大戦・青島攻略戦、シベリア出兵などに参加。
大正11年、ワシントン条約による戦艦の保有制限のために除籍。
大正13年、標的艦として航空機の爆撃実験で沈没した。

  • 30.5cm/40口径砲 連装2基4門
  • 20cm/45口径砲6門
  • 8cm/50口径速射砲16門
  • 47mm機銃20門
  • 37mm機銃8門
  • 45cm 魚雷発射管2門

▲基部は六角形、30.5センチ砲弾が6発


H14.11.6

 

 

[帝国陸海軍現存兵器一覧]リストへ

[依代之譜]よりしろのふ トップへ