.
.

●● メッセージ・ご意見など         

.

  • いわゆるA級戦犯
  • 東京裁判弁護団

  • 三文字弁護士
  • 建設の記録

  • 入会のご案内
  • 定款(抜粋)

  • 墓前祭のお知らせ
  • 最近の墓前祭
    《動画》
  • 廟の所在地

  • 殉国七士の英霊に捧ぐ

資料1
  • 林弁護士と三浦兼吉氏
    戦争犠牲者顕彰会

 

メッセージ
ご意見・リンク

恒例参列ツアー

平成24年度
平成25年度
平成26年度
平成27年度
平成28年度
平成29年度


●リンク よりしろのふ


.

恒例・墓前祭参列ツアー
平成26年度

今回は現地集合

関東からの殉国七士墓前祭参列ツアー、毎年、貸し切りバスで前日から現地に入っていましたが、今年は、4月29日の墓前祭当日に現地集合としました。

ただし七士廟のある三ケ根山上へは、タクシーか自前の車がないと行けません。
そこで蒲郡の駅前でレンタカーを借りて、まとまって上ることにしました。
とりあえず蒲郡駅に全員集合です。

東京から蒲郡へは、まず新幹線で豊橋まで行き、そこから在来線ということになります。豊橋に止まる「ひかり」と豊橋からの快速で、だいたい1時間半くらいのもの。
直行するだけなら、バスで長時間揺られるよりは、かなり楽です。

東京駅では曇り空でしたが、天気予報では現地は雨とのこと、そのとおりに蒲郡は本降りとなっていました。

今回同行の参加者は、男性9名女性3名の方々です。

 

 

三ケ根山頂、殉国七士廟に到着。
けっこうな降りにもかかわらず参列者の数は例年と変わりません。
ここに集まる人たちにとって、天候の善し悪しは何の関係もないことが分かります。

 

殉国七士墓前祭

雨模様のなか、午後二時から第六十四回殉国七士墓前祭がとり行なわれました。
この日、雨になったのは、私の記憶では、ここ十数年で過去一度だけありました。雨天はかなり珍しいことです。

 

関係者の玉串奉奠のあと、東京から同行した森さんの奉唱がありました。

最後に祭主、遺族代表、奉賛会会長のあいさつがあり、祭主の福留さんは参列者にお礼を述べるとともに、東京裁判で七人が処刑され亡くなられたことへの思いと、尖閣諸島をはじめとする昨今の領土問題への心配を語られました。

今年も式次第は順調に進行し、無事終了しました。

式のあとは記念撮影をして、一年ぶりの人たちとしばらく挨拶などを交わし車に乗り込み蒲郡に向かいます。このころには雨は収まっていました。

 

.

豊橋駅前に四時からオープンしているありがたい居酒屋があって、帰りを急がない人たちで親睦会。
もちろん、大いに盛り上がり、次回の再会を約して解散したのでありました。

 

 

募集
参加者を募っています。

→お問い合わせなどはメールで→ MAIL

.

.


 
一般社団法人殉国七士奉賛会